【開催延期:開催日未定】中国・香港映画『桃さんのしあわせ』上映会

今回のTUFS Cinemaでは、香港・中国の合作映画『桃さんのしあわせ』を通じ香港・中国文化に触れながら高齢者介護やアジアの出稼ぎ労働について考えます。

上映後解説:
澤田 ゆかり
(東京外国語大学 総合国際学研究院教授)
小栗 宏太(東京外国語大学大学院総合国際学研究科博士後期課程)

taosan_2

開催情報

日時  2020年3月13日(金)18:00開映(17:30開場)
新型コロナウイルスの影響に伴い開催を延期することとなりました。
代替開催日は現在調整中です。決まり次第、Webサイト等にてお知らせします。
ご参加を予定されていたお客様には急な変更となりご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ならびにご了承のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

会場  東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール

プログラム

  • 映画『桃さんのしあわせ』本編上映
  • トーク解説:
    1. 「高齢者の在宅ケアと中国文化」澤田ゆかり(東京外国語大学教授)
    2. 「『妹仔』から『外傭』まで:『 桃さんのしあわせ』に見る香港の家事労働者イメージ」小栗宏太(東京外国語大学博士後期課程)

その他  入場無料、申込み不要(先着501名)、一般公開

主催:東京外国語大学 TUFS Cinema
協 力:東京外国語大学多言語多文化共生センター

チラシ(pdf:2.5MB)

上映後解説者のご紹介

澤田 ゆかり 教授

東京外国語大学大学院総合国際学研究院 教授。専門は、中国・香港の社会保障、ジェンダー、労働問題。東京外国語大学大学院地域研究科卒。アジア経済研究所に入所。香港大学アジア研究センター客員研究員、神奈川大学助教授を経て、現職。著書に『高まる生活リスク ―社会保障と医療 (中国的問題叢書10)』(岩波書店、2010年、飯島渉氏との共著)。編著『植民地香港の構造変化』(アジア経済研究所、1997年)。『ポスト改革期の中国社会保障はどうなるのか』(ミネルヴァ書房、2016年、沈潔氏との共編)ほか。

小栗 宏太 氏

東京外国語大学博士後期課程在学中。専門は、東南アジアとの関係を中心にみる香港社会と文化。文化人類学、文化研究、ジェンダー・セクシュアリティ研究専攻。共著書に『香港の過去・現在・未来:東アジアのフロンティア』(勉誠出版、2019年)、『香港危機の深層:「逃亡犯条例改正」問題と「一国二制度」のゆくえ』(東京外国語大学出版会、2019年)ほか。

作品紹介

2011年、119分、中国・香港、広東語・普通語、日本語字幕付、原題:桃姐、監督・製作:アン・ホイ

あらすじ:本作プロデユーサーの実話に感銘を受けたアンディ・ラウが、ノーギャラ出演と製作総指揮に名乗りをあげ、流れゆく人生の移ろいを優しい視点で紡ぎだした名篇。彼のデビュー映画『望郷/ボートピープル』の女流監督アン・ホイと名女優ディニー・イップを迎えた三人の“絆”が全編を温かく包み、さらに、ツイ・ハーク、サモ・ハン・キンポー、レイモンド・チョウらのユーモラスな友情出演が華をそえている。
映画プロデューサーのロジャーの家で代々60年間もメイドとして仕えてきた桃さんが、脳卒中で倒れた。この時ロジャーは、桃さんがかけがえのない存在だと改めて気づかされる。迷惑をかけまいと老人ホームに入居した桃さんに、ロジャーは息子のような優しさで接する。やがて、共に過ごす残された日々は互いにとって一層かけがえのないものになっていく…

<スタッフ>

監督・製作:アン・ホイ
製作:アン・ホイ/ロジャー・リー
脚本:スーザン・チャン
原作:ロジャー・リー
撮影:ユー・リクワイ

<キャスト>

ロジャー:アンディ・ラウ
桃さん(ジョン・チュンタオ):ディニー・イップ
ロジャーの母:ワン・フーリー
チョイ主任:チン・ハイルー
キンさん:チョン・プイ
バッタ:アンソニー・ウォン
ツイ・ハーク
サモ・ハン・キンポー

会場のご案内

access-01

◆JR中央線「武蔵境」駅のりかえ  西武多摩川線「多磨」 駅下車  徒歩5分
(JR新宿駅から約40分)

◆京王電鉄「飛田給」駅北口より多磨駅行き京王バスにて約10分 「東京外国語大学前」下車

Google マップ

TUFSmap_01

キャンパスマップ

campusmap_thum

お問い合わせ

東京外国語大学 広報・社会連携室( 土日祝をのぞく 9:00-17:00)
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
Tel: 042-330-5150

TUFS Cinemaウェブサイト]
https://www.tufscinema.jp
[東京外国語大学ウェブサイト]
http://www.tufs.ac.jp

[イベント情報などの配信]
TUFS Cinema上映会情報は、FacebookTwitterでも配信しています。TUFS Cinemaファンの皆さま、ぜひフォローしてください。
Facebookhttps://www.facebook.com/tufscinema.pr/
Twitter@tufscinema