上映会『アマ・ルール 大地の人・バスク』

上映後、トークセッションつき
登壇者:
姫田 大 (洗足学園音楽大学 非常勤講師)
姫田 蘭 (民族文化映像研究所 理事)
萩尾 生 (東京外国語大学 教授)

アマルール2
©民族文化映像研究所

開催情報

開催日時  2018年12月15日(土) 14:00開映(13:30開場)
Date    15 December 2018 (Sat.)  14:00 start (Doors open 13:30)

会  場  東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール
Venue    Prometheus Hall (Hall name), Agora Global (Building name), Tokyo University of Foreign Studies

プログラム / Programs

  • 『アマ・ルール 大地の人・バスク』本編上映 
  • トークセッション:
    – 姫田 大 (洗足学園音楽大学 非常勤講師)
    – 姫田 蘭 (民族文化映像研究所 理事)
    – 萩尾 生 (東京外国語大学 教授)

そ の 他  入場無料、先着501名、申込不要、一般公開
Others    Admission-free / First 501 people / No application required / Open to the public

主催:東京外国語大学 TUFS Cinema
共催:一般社団法人民族文化映像研究所

作品紹介

【制作】 民族文化映像研究所
1981年/日本/105分/日本語

本映画は、姫田忠義(1928-2013)と民族文化映像研究所が、フランスのコレージュ・ド・フランスのジャック・ルフィエ教授(1921-2004)との共同作業の成果として、1981年に完成させたドキュメンタリー映画です。「アマ・ルール」とは、バスク語で《母なる大地》を意味します。 ピレネー山脈の西端部で、フランスとスペインの国境を挟んで広がるバスク人は、インド=ヨーロッパ系語族よりも古くからこの地に生きてきたと、形質人類学や言語学の知見から考えられており、西ヨーロッパの先住民の一事例として注目されています。 アイヌ民族への興味を端緒として1970年代に来日した形質人類学者のルフィエ教授は、日本の基層文化の映像による記録を行っていた民族文化映像研究所の活動に感銘を受け、「日本人の目によるヨーロッパの基層文化の記録」の共同作業を提案しました。調査・記録には、フランスとスペインの研究者に加えて、バスク文化の優れた伝承者が参加し、バスク地方で撮影が行われました。 本映画は、羊飼いの移牧生活にスポットを当てつつ、バスク社会の基礎単位である「エチェ(家)」と「エチェコ・アンドレア(家の女=主婦)」の存在や、祝祭や歳事の様子などバスク伝統文化の諸相を、淡々と、しかし暖かい眼差しでもって描出した秀作です。

@民族文化映像研究所

トークセッション登壇者紹介

 

tufscinema1215_guests-05

姫田 大
(洗足学園音楽大学 非常勤講師)

フルート、民族音楽学。林リリ子にフルートの、林光に作曲の手ほどきを受ける。桐朋学園大学音楽学部卒。遠山偕成会学術奨励金の給費を得て渡仏。パリ・エコール・ノルマル音楽院と、仏国立科学研究センター(CNRS)研修生として旧パリ国立民衆伝統芸術博物館(ATP)民族音楽部門で学ぶ。2008年には金沢21世紀美術館、2009年川崎市市民ミュージアムにて「粟津潔 複々製に進路をとれ 展」の一環として「林光+姫田大 風のコンサート」に出演。CD林光「パリ1923」(ADS-007)がある。洗足学園音楽大学非常勤講師。

tufscinema1215_guests-06

姫田 蘭
(民族文化映像研究所 理事)

幼少の頃より父・姫田忠義の影響で映像による記録作業を知る。音楽製作に活動は始まり、主にドキュメンタリー映画、テレビ番組の音楽を製作。しかし2000年以降は映像製作を専業として活動、現在に至る。また民族文化映像研究所のメンバーとして、過去に撮られた膨大な映像資料、録音資料などの整理・アーカイブを担当。 日本映画大学非常勤講師(映像民俗学担当)、「映像のまち・かわさき」推進フォーラム理事。

tufscinema1215_guests-07

萩尾 生
(東京外国語大学 教授)

専門はバスク地域研究/言語社会学。20世紀後半に興ったバスク語復権運動に関与して以来、バスク語とバスク社会の関連を掘り下げている。近年は、世界に散らばるバスク系コミュニティも考察の対象としている。主な業績は、論文”External Projection of the Basque Language and Culture” BOGA, vol.1, Iss. 1, 2013、共著Egile nafarren euskal literaturaren antologia, Nafarroaren Gobernua, 2017、共訳書『バスク初文集』平凡社2014年、など。なお、バスク語ウェブ・ジャーナルEuskalkultura.comに、2018年より関連記事を連載中。

民族文化映像研究所とは

民映研活動写真民族文化映像研究所(略称・民映研)は、1976年の設立以来、庶民の暮らしを映像で記録・研究することを目指して出発した民間の研究所。活動の初源は1950年代にはじまる。約3000㎞に及ぶ長大な日本列島。そこには長い「歴史時間」の中で培われた「自然との深い対応と共生」の人間の生活・文化がある。そのありようを見つめ、記録を続けて40年。そしてその作業は、日本国内にとどまらず、フランスなど世界諸民族の地へも広がった。作品はフィルム119本、ビデオ作品は200本を超える。


映像文化映像研究所初代所長で 『アマ・ルール 大地の人 バスク』制作者

姫田 忠義

姫田忠義記録映像作家・映像民俗学者。 1928年(昭和3年)兵庫県神戸市生まれ。 1954年、民俗学者の故・宮本常一氏と出会い、その影響を受けて日本全国を歩き始める。1976年、民族文化映像研究所を設立し、2012年まで所長を務める。≪「基層文化」=大自然に依拠しつつ暮らす、人間の精神文化≫をテーマに、120本を超える映画作品を発表。代表作に「アイヌの結婚式」「イヨマンテ」、「越後奥三面 ~山に生かされた日々」(1986年シカゴ国際映画祭ドキュメンタリー部門銀賞)。1989年、フランス政府より芸術文化勲章オフィシエ叙勲。2013年7月、死去。

tufscinema181215-03

tufscinema181215-04