マレーシア映画『JAGAT(世界の残酷)』

ASEAN 50周年記念 TUFS Cinema

東南アジア映画特集

banners-01

第4回 マレーシア映画

JAGAT(世界の残酷)

上映後解説付き 戸加里康子(東京外国語大学非常勤講師)

180106_ph08

©Skyzen Studios

開催情報

開催日時  2018年1月6日(土) 14:00開場 14:30開映

会  場  東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール

プログラム

  • マレーシア映画『JAGAT(世界の残酷)』本編上映
  • 解説:戸加里康子(東京外国語大学非常勤講師)

tufscinema_seasia2017-01そ の 他  入場無料、各回とも先着501名、申込不要、一般公開

主催:東京外国語大学
協力:大阪アジアン映画祭/東京国際映画祭/ミャンマー映画祭/大学の世界展開力強化事業「日本発信力強化に貢献するミャンマー・ラオス・カンボジア 知日人材養成プログラム」
後援:調布市(映画のまち調布)/府中市

作品紹介

180106_ph11マレーシア/2015年/タミル語、マレー語、華語/79分/劇映画/日本語字幕付
監督:サンジェイ・クマール・ペルマル
出演:ハルヴィン・ラージ、ジブライル・ラジュラ、
クーベン・マハデヴァン

【あらすじ】

1990年代初頭、マレーシア半島部北部のとある村。タミル映画やマイケル・ジャクソンが好きな少年アポイは、芸術的な才能を見せつつも、教育熱心な父親や学校の教師からは折檻されてばかり。自分のやりたいことを認めてもらえないアポイは、地元のギャンググループの中で頭角を現していく叔父の生き方に惹かれていく…。国の経済開発から取り残され、さらに急速に変わっていく社会環境の中で、アイデンティティを見失い、ギャング活動やドラッグに溺れていったインド系マレーシア人の苦境を描いた佳作。

第28回マレーシア映画祭最優秀作品賞・最優秀新人監督賞、2016年クアラルンプール映画批評家賞最優秀作品賞・監督賞・主演男優賞・撮影賞・脚本賞

180106_ph04

@Skyzen Studios

上映後解説の解説者紹介

戸加里 康子

大学在学中マレーシアに留学したのをきっかけに、以後マレーシア関係の仕事に関わる。マレーシア語通訳・翻訳。日本で上映されるマレーシア映画の字幕翻訳・監修なども担当。

東南アジア映画特集×オープンアカデミー特別企画のご紹介

OAxTUFSCinema2017asean-03

今年、ASEAN(東南アジア諸国連合)設立50周年を迎え、ますます注目を集めている東南アジア。日本ではまだまだ馴染みの薄い東南アジア映画ですが、最近は日本で開催される国際映画祭で上映されたり、一般の映画館で公開されることも増えてきました。東南アジアの国々でも、映画は人々に愛され、親しまれている娯楽の一つです。この地域ではどのような映画が観られ、どのような映画が作られているのか。

東南アジアの4つの国―ミャンマー、カンボジア、シンガポール、マレーシア―の映画事情をお伝えするため、TUFSシネマ東南アジア映画特集の開催に合わせて、TUFSオープンアカデミー講座「東南アジアの映画を知ろう―ミャンマー、カンボジア、シンガポール、マレーシアの映画と社会」を開講します。

本講座は、映画上映会と同日に開講し、上映前に、それぞれの国の映画事情や社会事情を知っていただく機会にしたいとも考えています。お気軽にご参加ください。

12月9日(土)13:00-14:00 ミャンマーの映画を知ろう
12月16日(土)13:00-14:00 カンボジアの映画を知ろう
12月23日(土)13:00-14:00 シンガポールの映画を知ろう
1月6日(土)13:00-14:00 マレーシアの映画を知ろう

会場はいずれも東京外国語大学府中キャンパス

【映画上映会:無料・一般公開、 本講座:事前申込制・受講料1,500円/4回・先着60名】
申込期限:11月27日まで
詳細・お申込み方法はこちら

東南アジア映画特集